Rule〜大会ルール〜

(2017年3月1日現在)

[大会名]

SLACKLINE CHALLENGE

  [主催]

モッツ・コーポレーション株式会社

[概要]

第一回GIBBON 日本オープンが開催された豊洲BUDDYさんで、

スラックライン アマチュアイベントを開催します。

2017年4月現在で、各種スラックライン・ブランドのプロサポートを受けている方々については、本イベント大会への参加は受付ておりません。

なお、過去にプロ活動をしていた方の参加については、

本年度2017年より受付をしていただくことが可能となりました。

 

本イベントはアマチュアレベルの裾野を広げるイベントとしており、

従来のトリックライン競技のジャッジに加えて、新たなカテゴリーを二つ増やして、

トレーニング要素の強いスラックラインの原点に立ち返るイベントにします。

大きく分けて3つのカテゴリーに分けます。

 

①GAME1

トリックラインの演技力。(従来のトリックラインの判定基準に照らし合わせる)

ジャッジ2名にMC1名の計3名が判定します。

長さ16.5m  高さ1.3m

 

②GAME2(GAME1の勝者が先行で挑戦します)

スラックラインを通じて上半身の筋力測定(ガンビットの回数で優越を決める)

前に足を運んで1回、後ろ側に足を運んで1回と数えます。

女子は1.5倍で換算します。

競技は4mのスラックラックを利用します。

*スラックラインは、起源はクライマーが休憩中にやり始めたとされています。

ゆえに、原点に立ち返り、クライマーといえば上腕、前腕の筋肉を使う競技です。

ガンビットは、同じような筋肉の使う作用を有するので、このカテゴリーを選びまし

た。

 

③GAME3(GAME2の勝者が先行で挑戦します)

スラックラインを通じて下半身の筋力測定

2014年に、ひろぶーたちが挑戦したお願いランキングの要素を取り入れた

1分横乗り(得意なスタンス・両足キープ

1分縦乗り、(両足キープ、顔の向きはラインに対して正面を向くのはNG)

片足無制限、(右足、左足、得意な足でOKです)

タイムトライアル

競技は4mのスラックラックを利用します。

 

この3つのカテゴリーで、先に2勝した者が勝者となります。

このカテゴリーを入れた理由には、大きく二つあります。

一つは、トリックだけでは勝てないレベルの人も、勝てる可能性が生まれること。

初心者でも、体一つで、ガンビットと歩くだけのレベルや、乗っていることを覚えた

人でも、玄人にも勝てる可能性があること。

 そして、もう一つ、なによりトリックラインに没頭している方々に、初心に今一度

立ち返り、視野の広いスラックラインの楽しみ方を知ってほしいことです。

これは、トリックばかりを極めて、日頃トレーニングを怠っている人と、トレーニン

グで肉体を鍛え上げてスラックラインで怪我をしない丈夫な体をつくることを、根本

から考え直す取り組みでもあります。

[トーナメントで1対1のガチ対決!!]

本大会は、一日でトーナメントを行います。

予定では4時間を目安に考えておりますが、イベントの進行によっては、若干の時間

の変更があり得るので、御了承ください。

トーナメントの出場枠の決定は、当日のくじ引きで決めます。

トーナメントの枠組み決定は、K-1などの大会で採用していた、くじ引きトーナメン

ト決定を利用します。

具体的な説明をいれます。

一番クジを引いた選手が、トーナメントの枠を好きな場所を選べます。

続いて、二番くじを引いた選手が、トーナメントの枠を好きなところを選べます。

これを連続して行います。

みなさんが見ている前で、公開してトーナメントの枠を決定していくので、不正も無

く、運が大きく作用します。

本大会は16名が決まった段階で、募集を終了します。

アンダートーナメント(初心者向け)の制定について

トーナメント初戦で負けた方は、負けた人8人で初心者向けの別枠トーナメントを再

度組み直して、勝ち上がるシステムです。

裏トーナメントです。(海外などのワンディトーナメントで広く採用されているシス

テムを適用することにしました。)

敗者復活戦ではないので、あくまで同レベルの人たちで楽しむトーナメントへ篩にか

けられて移行したと理解してください。

 

[マナー・施設利用詳細について]

・飲食について。競技場以外であれば可能です。

施設内の自動販売機で購入された飲み物でゴミになったペットボトル・ビン・カンな

どは指定のゴミ箱へ捨てるのは可能です。

持ち込まれたお弁当箱のゴミなどは、各自持ち帰りでお願いします。

・喫煙について。指定の場所での喫煙は可能です。

・トイレ、シャワーは完備しています。男女、更衣室も別です。

・自動販売機は、会場横にあります。

・貴重品の管理は、各自必ず、自己責任でお願い申し上げます。

・お車でお越しの方へ。車は一日利用で500円となります。

車でお越しになる場合は、必ず事前に報告お願いします。

[詳細]

大会名:スラックラインチャレンジ

開催時間:18時~22時

場所:BUDDY豊洲(最寄駅:東京メトロ有楽町線 豊洲駅下車)

参加費:3000円

募集人数:最大16人(最低2試合の1on1対決を保証します)

定員16名を超えた段階で募集人数を打ち切りとさせていただきます。

御了承ください。

[参加申込みついて]

 

 

参加資格:

各種スラックライン・ブランドサポートを受けているプロの方々は参加できません。

スラックラインを好きな方々に提供するアマチュア大会です。

大会形式:1on1対決のトーナメント形式

3本勝負(トリック、ガンビット回数、ポジションキープタイムチャレンジ)

基本、試合ごとのインタバールは0分を心がけています。

参加する皆様の練習は、受付開始から大会開始の15分間とします。

タイムスケジュール:

 18時スタッフ到着。

 18時15分から受付開始。

 18時45分から選手練習。

 19時から本イベント開催。

 

優勝:賞状+各大会毎特典

準優勝:賞状+各大会毎特典

初心者向け裏トーナメント賞:賞状+各大会毎特典